私も愛人が欲しいと思ったのには理由があったのです。
それは職場の同僚から聞いた、ある話がきっかけとなりました。

 

 31歳でバツイチ、離婚した後の仕事探しがかなり困難をきわめた状態でした。
なかなか良い仕事が見つからず、焦りを感じてしまっていたのです。
そんな私を見かねたのか、知り合いでスナック経営をしているママから仕事をしてみないかと言われました。
無収入のままでは危ないですから、お言葉に甘えてこのママの経営しているスナックでホステスとして仕事を始めるようになりました。
若い頃もお水の仕事はやっていたことがありましたから、抵抗感は全くありませんでした。
しかし、やはりそこは若さという部分に欠けてしまう年齢です。
職場の若い女の子などは、ご指名をたくさん受けることができるのですが、私にはご指名がかかりません。
お客さんの中には指名がない方もいますから、そういった方のお酒の相手をするのが目下の私の役割でした。
正直な話、退屈さを感じてしまっていました。
どうせお水の仕事をやるんだったら、ラウンジみたいなお店を経営して自分で好きなようにやっていきたいという気持ちを持つようになっていました。
しかしラウンジ経営をすると言っても、多額の資金が必要になります。
それを考えると無理だなと諦めるしかありませんでした。

 

 私より年上の34歳の同僚がいるのですが、彼女がこっそり耳打ちをしてきました。
その内容というのが、今度独立することにしたからというものでした。
よくそんな資金があるものだと驚かされてしまいました。
今度ランチをご馳走それから、その時教えてあげると言われたのでお付き合いすることにしました。
この時に聞いた話が鮮烈で、だから私も愛人が欲しいという気持ちになったのです。
彼女は愛人を作り、大きな金額を支援してもらうことに成功したという話をしたからです。
愛人と聞けばセックスする関係ですが、彼女の相手は求めてこないということでした。
美人でもない同僚が、お店を開くようなお金を何で手にできてしまうのか不思議でした。

 

 年上の同僚が自分の店を経営するために独立をすることを決めたという話、しかもその資金は愛人から出ていることを教わった時は電流が走るような衝撃を覚えたのです。
しかもその相手の方との関係なんだけど、大人のお付き合いではないというのですから。
なおさら衝撃を強く覚えてしまいました。
決して美人ではない同僚なのですが、素晴らしい出会いを探せたようでした。
本当にそのような都合のいい相手と知り合えるのか、なかなか飲み込むことはできませんでしたが、彼女の話を聞いていると納得するようになりました。
お金持ちの中には社会的な貢献を目的として、支援をしたいと考えるような方がいるようです。
そういう方は、夢を応援するために資金提供をしてくれるらしいのです。
しかも大人の関係抜きで、デートをするだけで大丈夫なようでした。
この話を聞き私も愛人が欲しいと思ってしまったのでした。
愛人が欲しい、支援してもらったらラウンジ経営が可能になるのだから、相手との出会いの方法を聞いてみました。
同僚は出会い系サイトを利用して、愛人探しをしたと教えてくれました。
出会い系を複数使って、募集のための投稿を繰り返してアピールしたようでした。
体の関係を求めない方を探し続けた結果、何とか支援してくれる方との出会いに恵まれたと瞳を輝かせて言っていました。
自分のお店を持つためにも、私も愛人を作らなければいけない気持ちでいっぱいになっていました。
自分のお店を持ったら、いまのような退屈な日々から脱出できるはずです。
自分のお店があるだけでも、気分は全く違ってきます。

小さなお店でいいので、その開業するための資金を得たい気持ちでいっぱいになってしまっていました。
お金くれる人が欲しいですから、同僚がやったような方法で募集をしていくことにしました。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
愛人募集サイトBEST5
パトロン募集の成功者から学んだ優良サイト

 

 

名前:あみな
性別:女性
年齢:31歳
 離婚した後は仕事探しが大変でした。
31歳でバツイチの私、知り合いの経営しているクラブで働かせてもらうようになりました。
しかし、職場の若い同僚たちは人気があるものの、年齢が上の私には指名がかかりませんでした。
指名のないお客さんのお酒の相手をする退屈な毎日を送っていました。
できれば自分のラウンジみたいなお店を経営してみたいなと、真剣に考えるようにはなっていたのです。
しかし、資金的なことも考えると絶望的かなと思っていた頃、一番年上の同僚から面白い話を聞かされてしまいました。